デバイス設定ページ

デバイス設定ページ

デバイスカードの歯車アイコンをクリックすると表示される画面です。

 

デバイスの各種設定を行うことができます。

 

❶ デバイス名
デフォルトではデバイスのIMEI下6桁を表示しています。
変更ボタンからデバイス名称の登録が行えます。(全角20文字以内)

 

❷ 利用開始、利用期限
アクティべート(デバイスの追加)が完了した日を利用開始日起算日として、
登録 1年分の利用料を支払い済みなので登録日から1年後までを利用期限として記載しています。

 

❸ ファームウェアバージョン
デバイスのファームウェアバージョンを記載しています。
アップデート版が用意されると自動で実行されファームウェアがバージョンアップします。

※通信環境の影響により反映までに数日かかる場合もございます。

 

❹ IMEI(端末固有番号)
裏蓋内部に記載のIMEIと同一のIMEIを記載しています。

 

❺ 一般閲覧用URL
ログインを必要とせずに確認出来る一般公開用ダッシュ ボードのURLを表示しています。

 

❻ デバイス公開スイッチ
一般閲覧用URLの公開を許可するためのスイッチトグルです。
ONにするとダッシュボードを閲覧することが出来る様になります。
OFF時にアクセスすると404エラーを表示します。

 

❼CO2センサーの手動校正
CO2センサーは性質上時間が経つにつれて測定値に誤差が生じてしまいます。ご利用開始前や途中で測定値に異常を感じた場合は、以下のご利用手順に従ってCO2センサーの校正を実施してください。


手順①:電源を切らずに外気同等(420~450ppm)の環境に30分程度放置し、センサー内部のCO2濃度を安定させてください。

※電源を入れた後の動作時間が短かったり、周りの環境のCO2濃度が外気相当(420~450ppm)ではない場合、手動校正後のCO2値が大きくずれる可能性がありますのでご注意ください。校正後の数値に異常を感じる場合は、再度正しい手順にて手動校正を行ってください。


手順②:その間、ダッシュボードでCO2濃度値および通信が安定している事を確認してください。

※通信状態の確認は、状態ランプが水色で点滅していることをご確認ください。


手順③:デバイス設定画面の[CO2センサーの手動校正]ボタンから校正を実行してください。ダッシュボード側のCO2濃度表示した事を確認し、更に15分程度同環境に放置してからご利用を再開してください。

※手動校正作業中は終始本製品付近のCO2値が常に外気相当を保てるように、離れた場所から作業するなどご注意ください。途中でCO2値が上昇すると手動校正後のCO2値が大きくずれる可能性がございます。


 

デバイス設定ページ